【名古屋 千種区】企業法務、連結納税、組織再編、相続対策、事業継承、経営相談、不動産売買

本間拓巳税理士事務所

トピックス

GDP速報値を受けて

4-6月期のGDP速報値が出たので、生データをグラフ化してみました。

下のグラフは、1994年以降の四半期名目GDP(季節調整なし)から、民間企業設備投資(在庫品調整後)を抜き出したものです。
リーマンショック時から3割近くも上昇しています。


次は、民間最終消費支出です。(ほかの2つのグラフは、そのうちの家計最終消費支出(さらに持ち家の帰属家賃を除いたもの)です。)
家計は、企業の設備投資ほどは伸びていませんね。「実感が沸かない」というのは、正しいのでしょうね。


ところでこれ、毎年4-6月期が最も低く、10-12月期が最も高いのですね。
なぜなんだろう??

このデータから、アベノミクスの第一の矢は、主に企業の設備投資に効果があったかと思われます。
消費税の影響は...データではよくわかりません。

次回は、アベノミクス第二の矢(財政出動)の効果はどうなのか、財政支出(政府最終消費支出+公的固定資本形成)を見てみたいと思います。



キーワード一般向け専門家向け新聞記事より


注目のタグ

トピックス

本間拓巳税理士事務所 連絡先 TEL 052-732-5155 メールでのお問い合わせこちら お気軽にご連絡下さい
Bizup 企業経営総合支援サイト 経営ソリューションナビ